bar
タイトル写真
竹のお話し
環境問題が重要な今、 木材ではない(Tree Free)竹が各方面で脚光を浴びています。
• 竹自身が有害物質を持たない・育成のとき化学肥料を必要としない。
• 廃棄のとき有害物質を発生させない天然素材である。
• 三~四年で成長し、計画的な伐採が可能である。
• 竹そのものに優れた抗菌作用がある。
 このような竹の特性を活かせば、森林の生態系を破壊することなく
人のくらしをゆたかにすることができます。
 日本人にとってなじみ深く古くから存在するハンドメイドの竹製品が、
歴史のサイクルの中でめぐりめぐって最先端の素材となっています。
 どうぞ、ご来店の上でご自身の目で竹製品の良さを再確認していただき、ご利用していただければ幸いです。